OOGUCHI MAKAMI
これが「眞神」のおふだです。プリントアウトしてあなたのおうちの玄関に貼っておくとお浄めになると思います。1996年春ころから「律動する俳句空間」という小論文を書き始めたのですが、気持ちばかり先走ってなかなかまとまりのある原稿にならない。それで困ったときの神頼みです。御嶽山に登り‥‥、もちろんケーブルカーです。御嶽神社にお参りに行きました。その空気の清浄さに浸りながら嬉しくお参りしているわたしに「あなたはここの空気が分かる人だ。ここの神様はかなり厳しい神様で、いくらここに来たくても<来なくていい!>と判断されてしまった人はその日いきなり体調を壊したりしてなかなか来れない。そういう冷たい神様です。‥‥‥この奥が、ぼくがいつも修行をする場所です。ご案内しましょう‥‥」と、御師さん、橋本さんというお名前でしたが、わたしを古い古い奥のお社に導いてくれました。いろいろお話したこと,そして何故かわたしたちはとても可愛かった‥‥‥と今でもしっかり鮮明に覚えてます。御師さんは朝夕の東京の灯を見下ろし、その上空の御祓いに心をこめているそうです。ナム−ラミチヨ拝。