三橋敏雄資料館のトップにもどる   次ページにすすむ 
WHAT'S NEW......
「書肆まひまひ」からの最新情報と、みなさまから寄せられたニュースをお伝えします。
みなさまからの情報はこちらへお寄せください。info @shoshi-maimai.com


2003年04月01日 『弦』第2号届きました。
2003年04月01日 「律動する俳句空間」Acrobat Reader20ページ、のダウンロードは
ナムーラミチヨのページから入手してください。
2003年04月01日 トップページ更新と[na.moon...earth]の別棟サイトを増設。
2002年12月31日 『弦』創刊号/編集・発行:遠山陽子さんから届く。すぐに感想文をファクスで送る。こちらはこのサイト作りを続けてゆく元気が出た。
2002年12月12日 ボーナスサイト[makami]が何処かにあります。Good Luck to you!
2002年12月12日 「リンク」のページができました。
(カルタ発行日(2000.12.12)から丸2年、このサイト設立の話合い(2001.12.12)から1年‥‥になりました。)
2002年12月9日 サイトファイルの更新しました。「カルタ遊び」のページが新しく加わりました。

2002年12月8日

「小論文」「リンク」のページを制作中です。
2002年02月15日 角川書店『俳句』3月号/2月25日発売
 今月は「比喩の力」を特集しました。比喩は詩を成り立たせるもっとも大きな要素の一つと言われています。俳句のような極端に短い詩型の場合、とくにその力を発揮します。比喩の歴史は古く、おそらく人類が「表現」というものに心を砕くようになると同時に比喩の歴史も始ったのでしょう。今月号の特集では、「直喩」「隠喩」「擬人法」などに分類して、それぞれの比喩を使った名句を擧げ、具体的に検証しました。初心者からベテラン俳人まで、幅広く役立つ特集です。
 追悼大特集「三橋敏雄の生涯と仕事」は、先月号の沢木欣一さん同様、昭和俳句史を彩る三橋敏雄さんの不滅の生涯を辿ります。鈴木六林男氏をはじめとする多数の人々の思い出や作品鑑賞のほか、略年譜、100句選、それに多くの貴重な写真まで収録した、二十五ページの保存板です。
連載は「主催が明かす選句の基準」「テーマ別私の一句三十六人集」「文語文法入門」「俳句力採点帳」「埋字の法」ほか。作品は宇田喜代子氏の特別作品五十句ほか、今月も力作が多数揃いました。

(編集長 海野謙四郎)

   
2002年02月14日 『檣』平成14年2月15日発行(編集人/遠山陽子 発行人/天野慶子)
三橋敏雄追悼・終刊号が届きました。
「さよなら 三橋先生」密葬・七七忌・三橋敏雄を偲ぶ会の記(文・池田澄子)

 
2002年02月10日 「三橋敏雄さんとの遭遇」 text by Ryuichiro Fujiwara 
maimai friendshipに藤原龍一郎さんのページが加わりました。

2002年02月06日 読売新聞夕刊/同日付
「三橋敏雄を偲ぶ会/存在感より鮮明に」
記事の中で、書肆まひまひホームページを紹介していただきました。
  
2002年01月18日 「三橋敏雄を偲ぶ会」
日本プレスセンタービル10階アラスカ
司会進行/高橋龍氏
大上朝美さん鉄村明美さん書肆まひまひのメンバーで三次会は赤坂のですぺら(渡辺一考さんの店へ。 
2002年01月18日 書肆まひまひホームページの開設
2001年12月12日 三橋敏雄追悼企画について話合う/神田神保町の店:はるだんじ
中村裕・村井康司・寺澤一雄・ナム−ラミチヨ